FC2ブログ

== 未分類 ==

行ってらっしゃい

シンデレラの中の「行ってらっしゃい」は12月17日に楽譜を渡されて、3月14日に本番ですからちょっと大変です。正月に練習できるように各パートの音取り音源を作り、YouTube にアップました。

71222a.jpg

強弱などは付けずに音程だけです。声部の動きがやや不鮮明なので合わせて歌うのは難しいかも知れませんが、曲の雰囲気は分かると思います。
手作業で楽譜作成ソフトに音符を打ち込むので間違いがあるかもしれません。テノールの7小節目の音の変更は反映してなく元の楽譜のままです。

行ってらっしゃい SATB

行ってらっしゃい Soprano

行ってらっしゃい Alto

行ってらっしゃい Tenor

行ってらっしゃい Bass
┗ Comment:0 ━ 22:24:01 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

12月17日の練習後記

12/17 18:00~ はばたき

今年最後の練習でした。

林光より

中国地方の子守歌

 最後まで音をとりました。

下の3か所は ねんころろ(ねんころろん にしない)

 p.16の最後の小節 ねんころろV(ブレス)つらにくさ

 p.18の最初の小節 ねんころろV(ブレス)みやまいり

 p.19の上の段の最後の小節 ねんころろV(ブレス)まめなよに


ハイドンより

Agnus Dei

最後まで音をとりました。

 Tollis llは2重子音です。舌を上の歯の裏にしっかりつける。

 p.39 34小節 Alto ×donnna → 〇dona

 p.39~p.40が難しいが、正しい音で歌いましょう。


シンデレラ

M22行ってらっしゃい

 P2~p7の上の段まで音をとりました。

 音符の大きいところは主旋律です。

 宗教曲などにはないような音の跳躍があったり、 作曲家が意図したのかミスプリントかわからないような音のぶつかりや、歌詞がパートごとに違ったり、というようなところもあります。芸の幅を増やすようにがんばりましょう。

 

次回 1/7

林光より 中国地方の子守歌をやります。

ハイドンより Credoをやります。

シンデレラ 続きをやります。
┗ Comment:0 ━ 20:58:27 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

中国地方の子守唄

71216c.jpg

ウィキペディアによると、中国地方の子守唄は岡山県の西南部、井原市高屋町が発祥の地とされ、この付近に伝わる古い子守歌を上野耐之(たいし)が採譜・紹介して、1928年に山田耕筰が編作したとのことで、井原鉄道の「子守唄の里高屋」駅に歌詞と由来が書かれている。

71216as2.jpg

林 光 編曲による「日本抒情曲集」より 11分15秒から「中国地方の子守唄」が始まります。

ねんねこ しゃっしゃりませ
寝た子の かわいさ
起きて 泣く子の
ねんころろ つらにくさ
ねんころろん ねんころろん

ねんねこ しゃっしゃりませ
きょうは 二十五日さ
あすは この子の
ねんころろ 宮詣り
ねんころろん ねんころろん

宮へ 詣った時
なんと言うて 拝むさ
一生 この子の
ねんころろん まめなように
ねんころろん ねんころろん

中国地方の子守歌(林光編曲)ピアノ伴奏
┗ Comment:0 ━ 03:34:12 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ハイドン 小ミサ曲 アニュス・デイ

ハイドンのオルガン小ミサ曲のアニュス デイ Agnus Dei は「神の子羊」のを意味し、平和の讃歌である。

71215b.jpg

Agnus Dei, qui tollis peccata mundi 
miserere nobis
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi
dona nobis pacem

神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
我らをあわれみたまえ。
神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
我らに平安を与えたまえ。

71215as.jpg

画面の翻訳がオランダ語なのでオランダの聖歌隊の演奏でしょう。

J. HAYDN - Agnus Dei - Missa Brevis

次に楽譜を追いながらハーモニーを聴いて見ましょう。

Agnus Dei-Haydn SATB

各パート練習です。

Haydn - Missa Brevis - Agnus Dei - Soprano

Haydn - Missa Brevis - Agnus Dei - Alto

Haydn - Missa Brevis - Agnus Dei - Tenor

Haydn - Missa Brevis - Agnus Dei - Bass
┗ Comment:0 ━ 23:17:54 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

Look at the world

次回の練習曲はラターの Look at the world: です。直訳すれば「世界を見よ」だが「世界はたからもの」の邦題もあるようで、他の曲同様ラターの自然と神を賛美する内容です。

最初はラター自身の指揮で聴いてみましょう。

Look at the world, John Rutter

次は多分シンガポールの合唱団です。

Look at the world Crez Chorale

71210a2.jpg

Look at the world: Everything all around us
Look at the world: and marvel everyday
Look at the world: So many joys and wonders
So many miracles along our way

私たちの周囲の全てのものを見よ
世界を見よそして日々驚きあれ
世界を見よそこには喜びと不思議に満ち
道行けば奇跡に満ちる

Praise to thee o lord for all creation
Give us thankful hearts that we may see
All the gifts we share and every blessing
All things come of thee

生きとし生けるものの神よ
汝を讃える
私たちに感謝の心を授けよ
そうすれば私たちには私たちが分かち合う全ての賜物と
あらゆる恩恵が分かるだろう
全てのものは汝から贈られてくる

71210b2.jpg

Look at the earth: Bringing forth fruit and flower
Look at the sky: The sunshine and the rain
Look at the hills, look at the trees and mountains
Valley and flowing river field and plain

果実と花を生み出す地球を見よ
陽光と雨の空を見よ
丘を見よ、そして木と山を見よ
谷と流れる川原と平原を見よ

Praise to thee o lord for all creation
Give us thankful hearts that we may see
All the gifts we share and every blessing
All things come of thee

生きとし生けるものの神よ
汝を讃える
私たちに感謝の心を授けよ
そうすれば私たちには私たちが分かち合う全ての賜物と
あらゆる恩恵が分かるだろう
全てのものは汝から贈られてくる

71210c2.jpg

Think of the spring, Think of the warmth of summer
Bringing the harvest before the winters cold
Everything grows, everything has a season
Til' it is gathered to the fathers fold

春を思い起こせ、夏の暖かさを、
冬の寒さの前にもたらされる収穫を
全てのものは育ち、全てのものに旬がある
父の手によって収穫されるまで

Praise to thee o lord for all creation
Give us thankful hearts that we may see
All the gifts we share and every blessing
All things come of thee

生きとし生けるものの神よ
汝を讃える
私たちに感謝の心を授けよ
そうすれば私たちには私たちが分かち合う全ての賜物と
あらゆる恩恵が分かるだろう
全てのものは汝から贈られてくる

71210d2.jpg

Every good gift, all that we need and cherish
Comes from the lord in token of his love
We are his hands, stewards of all his bounty
His is the earth and his the heavens above

全てのすばらしい贈り物、私たちが必要とし大切にする物全ては
愛の証として主から賜れる
私たちは神の手であり、神からの賜物の執事となる
神は大地であり、天上も神のものである

Praise to thee, o lord for all creation
Give us thankful hearts that we may see
All the gifts we share, and every blessing
All things come of thee
All things come of thee

生きとし生けるものの神よ
汝を讃える
私たちに感謝の心を授けよ
そうすれば私たちには私たちが分かち合う全ての賜物と
あらゆる恩恵が分かるだろう
全てのものは汝から贈られてくる

練習用の動画はたくさんありました。

Look at the World Soprano

Look at the World Alto

Look at the World Tenor

Look at the World Bass


次はピアノを弾きながら先生が歌っています。

Look at The World Soprano

Look at the world Alto

Look at The World Tenor

Look at the world Bass

次は歌詞は中国語ですが各声部の動きが明瞭です。

望向世界(698808-LOOK AT THE WORLD) 分部練習—Soprano

望向世界(698808-LOOK AT THE WORLD) 分部練習--Alto

望向世界(698808-LOOK AT THE WORLD) 分部練習--Tenor

望向世界(698808-LOOK AT THE WORLD) 分部練習--Bass
┗ Comment:0 ━ 08:39:36 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

12月3日 練習後記

12月3日の練習後記です。

15時30分より 桜美林学園伊豆高原クラブにて

ハイドンより  Agnus Dei  

  最後までひとおおり音を取りました。
  今日の演奏会ではp(ピアノ)のところを繊細に歌う余裕がありませんでした(でかく歌ってしまっていた。)
  本番までには繊細に集中して歌えるようにしていきましょう。

Rutterより  Look at the world

  最後までひととおり音をとりました。
  [A],[C]と[E]と[G]、4声でハモるところは、転調してもパターンは同じです。
  最後は、テンポをちょっとゆっくりして、comeのところにフェルマーターがあります。

次回

  ハイドンより Agnus Dei
   Rutter より Look at the world  言葉をつけていきます。
  林光より 中国地方の子守歌

┗ Comment:0 ━ 04:24:35 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ホテル・アンビエントでの演奏会

12月3日は穏やかな快晴の天気に恵まれて、200人近いお客さんを迎えての演奏会となりました。

71206ver2.jpg

ホテル・アンビエントのエントランスホールの特徴は天井が高いことで、響きが豊かになり、いつもの練習会場とは違うなと最初に感じました。

71206ver3.jpg

男声陣の数が足りず、各声部のバランスが良くないのは致し方ないが、いくつかミスはあったものの概ねお客様に満足していただける内容だったのではないかと思います。

71206ver1.jpg

団員、特に男声の参加を期待してのコンサートだったが、果たして新しい団員を獲得することが出来るでしょうか?ともあれ来年9月8日の本公演に向けての課題も見つかったと思うので、更に精度を上げて素敵なハーモニーの実現に向けて練習に励みたいと思います。
┗ Comment:0 ━ 10:17:06 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ホテルアンビエント伊豆高原公演

カトリック伊東教会でのコンサートが終わるとすぐに伊豆高原でのアフタヌーンコンサート。売れっ子の当合唱団はなかなかのハードスケジュールなのだが、「ふるさと」が追加されるだけで他の曲は同じ。前回は45分で終わってしまったが、今回は指揮者の小屋敷先生の楽しくてためになるトークも聞き物かも♪

71112a.jpg

ホテルアンビエントのロビーの天井は高いので素敵なコンサートになりそう。日曜日の昼下がり、お誘い合わせの上聴きにいらしてください。

71111anbiento.jpg

ホテルアンビエント伊豆高原へのアクセス
┗ Comment:0 ━ 09:02:44 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

12月3日のプログラム

12月3日のホテルアンビエント伊豆高原でののコンサートのプログラムです。入場無料ですので是非聴きにいらして下さい。
画像をクリックすると拡大します。

71203program1s.jpg

71203program2s.jpg
┗ Comment:0 ━ 07:56:16 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old