== 未分類 ==

田川先生の練習がありました

こんにちは、齊藤真知子です。

先日の練習は、小屋敷先生の代わりに田川先生が来てくださいました。
田川先生の発声法は、図を書いてくださって、とても分かりやすいので、いつもとは一味違う良い練習になりました。

1. 呼吸法
一番気をつけなければいけないのは、息を吸う、吐くときの「横隔膜の位置」です。

まず「吐いて、吐いて、また吐いて!ここで終わりと思ってももう一息、体の後ろに入っている息もぜ~~んぶ吐く!!」という掛け声と一緒に皆必死に吐き続けます。

「はい!ここでストンと力を抜くと、お腹がぷくっと膨らむでしょう?これが『腹式呼吸』です。そこからまた始めます。はい、吐いて、吐いて、また吐く。」

この繰り返しですが、吐き終わったときに、横隔膜が胸の下のところに「八の字」のようになって上がっていることを意識するとのこと。しかも、肩を一緒に上げてはいけないのですし、力を抜いた時には横隔膜が下がるのだそうです。う~~ん、これは難しいです!

2. 声を出すとき
先にお腹から息が出てから声帯で声を出すというイメージを持つこと。これが反対になったり、同時でも詰まった声になってしまうとのこと。

70618a.jpg

3. 母音による声を出す位置の違い
「あ」はちょうど喉からまっすぐに息が上がった咽頭の上部、「え」はそれよりも前で出す感じ、丁度鼻の両脇ぐらい。「い」はもっと前で発声するようにイメージしないとくぐごもった声になってしまう。でも、この母音を発音するときに「熱海」の「あ」、「伊東」の「い」では薄っぺらくてだめですと言われてしまいました。(笑)

4. 英語の歌を歌う時の注意
読みの練習の時から、感情をこめて読む練習をしておかないと、いつ込めるんですか?
「beautiful」と言ったら、そう思って言ってくださいとのこと。

7月9日も田川先生の練習です。皆さん、今度は感情を込めて歌えるようになると良いですね!大変、大変。

┗ Comment:0 ━ 09:11:05 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

YouTube

YouTubeの存在は実にありがたく、パソコンとYouTubeとインターネットの検索機能のおかげでいろいろな音源に接することが出来ます。

70620d.jpg

ブログ管理人のカザンはシャンソン歌詞の翻訳なども手がけていますが、シャンソン歌詞とシャンソンの音源は古いもの、新しいもの、レアなもの・・・いろいろなシャンソンが見つかりますが、インターネットが無かったら極めて限定された情報しか得られなかった訳で、これらの文明の利器に大いに感謝する今日この頃です。

このブログにアップしてある、例えばハイドンの各パート別の音源も世界のどこかの合唱団の練習のために作られ、YouTubeにアップされたものですが、誰でも自由に利用できるのはありがたいですね。全曲分あると思うので練習に合わせて順次アップしていく予定です。

ただしYoutubeをそのまま開いていると、自動的に選ばれた次の曲に行ってしまうので、何度も繰り返し聴くには不便です。

そこでパソコンに音源を取り込んで繰り返し何度も聴けるようにする必要がありますが、カザンの方法は以下の通りです。

① YouTubemp3 と言うサイトにアクセスします。

http://www.youtube-mp3.org/jp  

② YouTube の動画のURLをコピーして「動画変換」の上の枠内に貼り付け、次に「動画変換」をクリックします。

70620a.jpg

③ 次にダウンロードの文字をクリックすると画面の左下にダウンロードされた mp3 のファイルが現れます。(ダウンロードフォルダに保存されます。)

④ ファイルをドラッグして My Music (ミュージックライブラリー)に入れます。

⑤ iTunesにあらかじめ「合唱」のフォルダを作っておき、そこにドラッグ(又はコピー、ペースト)して入れます。

⑥ iTunesの設定を「1曲リピート」にすれば何度でも繰り返し聴く事が出来るでしょう。

伊豆高原にいる時はほとんどの時間をガーデニングなどに費やしますが、東京にいる時は1日中パソコンに向かっています。
楽譜作成ソフトでシャンソンの楽譜作り、コンサート案内のフライヤー作成、ホームページやブログの更新、メールでの連絡、欲しい植物を探してネット注文、オークションなどなど・・・そんなパソコンの作業しながらシャンソンや合唱の練習曲を聴いているのです。

次に音源の編集に便利なソフトを紹介します。

Sound Forge Audio Studio 有料のソフトですが録音した音源をCDに焼く前に余分なところを除いたり、音量、音質、スピードなどを調節したりエコーをかけられたり出来ます。

70620b.jpg

無料ソフトで便利に使っているのが「聞々(ぶんぶん)ハヤえもん」で、合唱では必要ないが音程を変えたり、再生速度を変える事が出来ます。

70620c.jpg

http://soft.edolfzoku.com/hayaemon2/
┗ Comment:0 ━ 03:41:41 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ハイドン 小ミサ曲

ハイドン Franz Joseph Haydn (1732 – 1809) の小ミサ曲は正式には「神なる聖ヨハネのミサ・ブレヴィス」 Missa brevis Sancti Joannis de Deo と言い、ブレヴィスとは《短い》と言う意味で、ベネディクトゥスのソプラノ独唱の伴奏にオルガンの演奏が入るので 《小オルガンミサ》 Kline Orgelmesse とも呼ばれています。

70614haydn.jpg

上はハイドンの肖像だが、伊豆ヴェルの団員の一人に似ているような・・・・下の写真はエステルハーザ宮殿で演奏するハイドン

70614haydn2.jpg

ハイドンは1761年から1790年まで30年近くハンガリーの西部の大貴族、エステルハージ家に仕え、長い期間宮廷楽長として作曲やオーケストラの運営、室内楽の演奏、オペラ作品の上演などの仕事をしました。

エステルハージ家の中心地であったアイゼンシュタット Eisenstadt は現在はオーストリア領で、ウィーン Vienna の南部、ハンガリーとの国境に近い地です。

70614map.jpg

この《小オルガン・ミサ》は1775年頃の作曲で、エステルハージ公爵の宮殿のあるアイゼンシュタットの「慈悲の友修道会」のために作曲されましたが、教会は小さかったので極めて小編成な弦楽合奏と小オルガンで演奏することが出来るように作られています。

下の2枚の写真はエステルハーザ宮殿とハイドン・ザール(ホール)と呼ばれている部屋です。

70614esterhaza50.jpg
上の画像をクリックすると拡大します。

70614esterhazyhall.jpg

第1曲:キリエ、第2曲:グローリア、第3曲:クレド、第4曲:サンクトゥス、第5曲:ベネディクトゥス、第6曲:アニュス・ディ の典型的なミサ曲の構成で全体で17分程度の演奏時間です。

それでは小ミサ曲の全曲をイスラエルの合唱団と室内合奏団で聴いてみましょう。

Haydn Mass in B Flat Major "Kleine Orgelmesse"

次にネヴィル・マリナー指揮 シュターツカペレ・ドレスデン ライプツィヒ放送合唱団で聴いてみましょう。

Haydn  Missa brevis Sancti Joannis de Deo

既に第1曲の「キリエ」を練習しましたが各パートの音取りのYouTubeがありました。

Haydn - Missa Brevis - Kyrie - Soprano

Haydn - Missa Brevis - Kyrie - Alto

Haydn - Missa Brevis - Kyrie - Tenor

Haydn - Missa Brevis - Kyrie - Bass

┗ Comment:0 ━ 07:09:59 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

早春賦

伊豆ヴェルディ記念合唱団ではハイドンのオルガン小ミサ曲の練習が始まったばかりだが、その前に林光の「日本抒情歌曲集」の中から「早春賦」、「しかられて」、「鉾をおさめて」などを練習しています。

一番最初に練習したのは「早春賦」だが、この歌は1913年(大正2年)に吉丸一昌の作詞、中田章の作曲の唱歌で信州の安曇野あたりの情景を歌ったものとされています。

70609a.jpg

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

1番は、暦の上では春なのに
鶯もまだその時期ではないと鳴くことができない

2番は、氷も解けてアシも芽吹いたので
春が来たのかと思ったのに
まだ雪が降る日が続く

3番は、暦が春だと告げていなければ知らないでいたのに
聞いてしまえば春を待ち焦がれてしまうこの気持ちを
どう晴らしたらしたらよいか分からない今日この頃だ

芹 洋子 早春賦

モーツァルトの歌曲に「春への憧れ」 "Sehnsucht nach dem Frühling" という歌曲があります。
中田章の「早春賦」も内容的には春への憧れでしょうから、林光はこの2曲をつなぎ合わせて混声四部合唱に編曲され、ピアノの伴奏の一部分にモーツァルトの歌曲の伴奏を挿入しているが、新鮮に、かつ自然に聞こえるのがマジカルです。

70609b.jpg

"Sehnsucht nach dem Frühling" W.A. Mozart  Barbara Bonney Geoffrey Parsons

一方モーツァルトは最後のピアノコンチェルトである27番の第3楽章に「春への憧れ」のモチーフを使っています。
林光の合唱曲にはカデンツァがあり、この部分はピアニストが即興的に自由に弾けるのですが、27番のコンチェルトではモーツァルト自身が作曲したカデンツァが残されており、このカデンツァをベースに「春への憧れ」、「早春賦」のフレーズを散りばめて纏めるのが普通でしょう。
本番で伊豆ヴェル合唱団のピアニストの広瀬さんがどんなカデンツァを弾いてくださるかが楽しみでもある。

次に埼玉第九合唱団による「早春賦」を聴いてみましょう。

「早春賦」 吉丸一昌作詞 中田 章作曲 林 光編曲

最後に最も好きなピアノコンチェルトの一つであるモーツァルトの27番。 カザンが大好きなピアニストのマレイ・ペライアの演奏です。

MURRAY PERAHIA - Mozart Piano Concerto No.27 K.595
┗ Comment:0 ━ 07:04:15 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

杉谷昭子リサイタル

伊豆ヴェルの齋藤真知子です。

素晴らしい企画を皆様にお知らせできて、本当に幸せです!!

sugitaniflyer.jpg
↑上の画像をクリックすると拡大します。

昨年12月に伊東の川奈のホテルでこのお二人によるベートーヴェンの「クロイツェルソナタ」の演奏会があまりに素晴らしく、その後コンサートを聴かれた方から 「忘れられない」「感動した」「本当に素晴らしいので、ぜひもう一度聴きたい」 と皆さんから大絶賛されました。

皆様の心から感動された声を聞くにつけ、最高の音で、最高の会場でお届けしたいという気持ちが沸き上がり、杉谷さんのお気に入りのスタインウェイのある東京の浜離宮朝日ホールで9月22日に演奏会を企画しました。
浜離宮朝日のホールの音響は世界最高水準であり、しかも調律は音の魔術師と私が思っている松永正行さんです。

杉谷昭子さんのピアノソロによるバッハ、ベートーヴェン、ブラームスなどの名曲をたっぷり聴いていただき、そしてヴァイオリンソナタの名曲中の名曲である、フランクのヴァイオリンソナタを徳永二男さんのストラディヴァリウスの演奏で聴けるという、至福のひと時を私たちと一緒に共有しませんか?

コンサートの後、混みあった電車に乗ると感動の余韻も飛んでしまいます。
そこで伊東から会場まで観光バスで皆様をお連れすることにしました。9月22日、14時に伊東を出発して、帰りも会場から伊東までコンサートの余韻と共に皆様をお連れします。
往復で4500円ですが、席に限りがあり予約が必要です。

またコンサートのチケットはサガミヤ書店などで扱っておりますが、この機会に東京のお友達と一緒にコンサートやお食事を楽しめば更に素敵な1日となるでしょう。

それでは最後に杉谷昭子さんの演奏をYoutubeで聴いてみましょう。

カルディッロ『カタリ カタリ』/杉谷昭子

お問い合わせは齋藤まで、よろしくお願いします。

┗ Comment:0 ━ 06:51:52 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

伊豆フィル演奏会

3月11日の伊豆ヴェルディ記念合唱団のオーケストラ伴奏を演奏して下さった「伊豆フィル」の第43回定期演奏会が6月4日に下田文化会館大ホールであります。

70604izuphil.jpg
上の画像をクリックすると拡大します。

メインの曲はサンサーンスの「交響曲第3番・オルガン付き」です。この曲はオルガンの壮麗な響きが特徴のスケールが大きい独創的な構成のシンフォニーですが、ところどころに4手(連弾)のピアノ演奏がちりばめられており、ピアノを伊豆ヴェルのピアニストの廣瀬充さんと指揮者の小屋敷真さんのお嬢さんが担当されるとのことです。

伊豆ヴェルと密接な関係のあるオーケストラの演奏会ですので、是非お聴きになって下さい。
┗ Comment:0 ━ 21:02:20 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old